About 56design/56designのご紹介

Brand Concept

Life with Motorcycles

56designが目指すのは、モーターサイクルを愛する気持ちを形にすることです。

その一つは、56designとしての“ものづくり”にこだわった、
多くの人の笑顔を生み出すようなプロダクト。
それはライディングウェアの安全性であったり、
モーターサイクルの雰囲気を込めたデイリーウェアであったり。

ライダーの感性を刺激するような、56designにしかできないオリジナルアイテムを、”Life with Motorcycles” のコンセプトで提案して行きます。

そしてもう一つは、56designという名のムーブメント。

世界中の人々が、どのようにモーターサイクルと携わり、どう楽しんでいるのか。56designとして提案する、全く新しいイベントやアクティビティを通じて、モーターサイクルを愛するすべての人々へ伝えて行きます。

56designは、今までになかったコンセプトで立ち上げられたブランドです。

趣味として、スポーツとして、ファッションとしてバイクライフを楽しんでいる人、
今は乗れないけれど、いつかはバイクに乗りたいと思っている人、
そして、バイクには乗らなくても、
MotoGPやレースを見るのが大好きな人...

“56design”が、そのすべての人達を結び付けるキーワードになれたらと、Life with Motorcyclesの心で願っています。

Founder

56design Producer Shinya Nakano 中野 真矢

中野真矢 1977年10月10日生。
世界最高峰の2輪レース、世界GP元MotoGPレーシングライダー。

レースを始めた頃からつけていたバイクナンバー56は、中野真矢自身が大ファンであるコミック、「バリバリ伝説」(講談社・しげの秀一氏作)の主人公、巨摩 群(こま ぐん)が使用していたナンバーに由来する。

トレードマークであるヘルメットの目玉は、名門SP忠男レーシングチーム出身の証。長年世界のフィールドで活躍し、そのスマートなライディングで世界中のモーターサイクル、モータースポーツファンに知られるようになった。

各国を転戦しながら、色々な文化に刺激を受け、このようなチャンスを与えてくれたオートバイに感謝したいとの想いを胸に、「レースで培った経験をオートバイを愛する方々と共感したい」と地元千葉県にモーターサイクル系ブランド「56design」を立ち上げる。

また、オートバイレーサーの地位向上を目指し、日本盲導犬協会や海外僻地医療支援などの社会貢献活動や、自らが育ってきたポケットバイクレースを10年以上サポートし続け、業界の発展と後進の育成にも力を注いでいる。

そして、2009年10月、惜しまれながらも現役引退を発表した。

Company Profile

運営会社:
有限会社 オフィスフォーエイト

〒260-0042
千葉県千葉市中央区椿森3-3-4-2F

Google Map

TEL:043-445-8857

設立:1993年3月

代表取締役:中野真矢

事業内容:
・ライダーのマネジメント業務
・紳士服・婦人服及び雑貨等の企画・販売

Shop Photo Gallery

1F - Entrance エントランス

1F - Shop Floor ショップフロアー

1F - Shop Floor ショップフロアー

2F - Lounge Space ラウンジスペース

2F - Lounge Space ラウンジスペース

ページトップへ