BLOG

CATEGORIES

BACK NUMBER

life with motorcycles in SPAIN

  • 2009.08.09
  • posted by Seki (manager)
  • コメントはありません。



こんにちは、関です。
サマーブレイクで日本へ帰ってきました。


今年のレースとレースの間、ヨーロッパ滞在中のベースは“バレンシア”です。
バレンシアは、ここ数年で目覚しく発展した街の一つではないでしょうか。
ヨットのアメリカスカップやF1の市街地レースの誘致に成功し、世界的にも大きく名前を上げました。
そして、今も町中が建設ラッシュで、とてもスペインの住宅バブルが弾けたとは思えません。




(鯨の骨のような超巨大総合施設 “CIUDAD DE LAS ARTES Y LAS CIENCIAS”)


そんなバレンシア・スペイン。
日本ではサッカーのスペインリーグばかりが報道されていますが、なんと言っても人気があるのはMotoGPでしょう。
企業のテレビCMやポスターにはライダーのイメージが使われ、アパレルを扱うショップには、一緒にヘルメットがディスプレイされる。まさに、バイクが生活に溶け込んでいる国なのです。




当然、バイクはスペイン人の人気の乗り物ですし、みんな誇らしげに自分のバイクやファッションを見せつけながら乗っているように見えます。
「どうして?」と感じるかもしれませんが、理由は簡単。
バイク = かっこいい!! からです。
バイク乗りのステータスが高く、社会的にも認知されている国、スペイン。
56design が理想とする“life with motorcycles”の形、その一端が、この国には息づいているのです。


Comments

No comments yet.

ページトップへ