BLOG

CATEGORIES

BACK NUMBER

30年ぶりの映画館

  • 2012.09.09
  • posted by GM
  • コメントはありません。

9月に入ってもこの暑さが・・・・これが本当の残暑っていうやつでしょうか。
56designの爺Mです。

今日はですね、気まぐれでしょうか、約30年ぶりに映画館での映画鑑賞に行ってきました。

 

 

今は映画館ではシアターって言うんですね。そのシアター、自分の時代と比べるとシートが立派ですし、前席までの距離がまるでビジネスクラス並み。ゆったりとした雰囲気で鑑賞できるんです。

 

 

自宅にもホームシアター装置を設置していますが、やはり迫力にはかないません。

時代を感じながら、久しぶりの映画鑑賞、ちょっとハマりそうです。

話は変りますが、お客様の要望や、56RACINGが立ち上がったこともあり、サーキットで使用するネックストラップ+チケットホルダーの制作を進めていましたところ、その完成品が納品されました。

 

 

9月15日に開催されるCBR250RCUPレースのバイクミーティングのチケット販売時に若干触れていますが、詳しい内容は後日productsで紹介するとして、はっきり申しまして、ネックストラップはかなりグレードが高いものと自負しています。

まず、通常のネックストラップは平織り生地にロゴを印刷するのが基本ですが、この製品は糸を織る事(高密レピア織)からテープを生産するという本当のオリジナル製作「ONLY ONE」なのです。ですから他製品と比較し質感に相違を感じます。

ロゴもホワイトとグレーで落ち着いた品格のある雰囲気を出しながら、モノトーンの中にもアクセントを付けた織り込みをしました。

テープ幅も10mm、15㎜、20㎜が通常の規格ですが、この製品は18mmという、小さ過ぎず、大き過ぎず、丁度良いバランス巾に制作していただきました。

 


 

小柄な方には、チケットフルダーを取り付けた時に体形にバランスが合うように、長さを簡単に調整可能にするプラパーツを付属する配慮をしました。

ホルダー取付金具はナス環とし、チケットホルダーの活用の他、名札などを取り付けられるように配慮しました。

チケットホルダーですが、多種のチケットの活用が図られるようにハガキと同じサイズの大きさとし、ロゴのプリントは勿論ですが、雨の侵入を防ぐ蓋付きとしました。

さあ、これだけのグレードで他との差別化を図った56designのネックストラップを付けて、レース観戦に出かけてみてはどうでしょう。

以上、新製品のPRでした(笑)

 

https://www.56-design.com/webstore/products/detail.php?product_id=266

Comments

コメントはまだありません。

ページトップへ