BLOG

CATEGORIES

BACK NUMBER

峠で陶芸

  • 2012.11.17
  • posted by GM
  • コメントが1件あります。

ご無沙汰しております。56designの爺Mです。

一昨日、恒例の秋の奥多摩ツーリングを催行しました。最高でした。

集合場所は参加者の利便性考慮し、高速道路のSAではなく、一般道路沿いの道の駅を指定させていただきました。

 

「お早うございます。」で始まった朝のブリーフィング。

 

早速、ツーリング開始。

 

今年は例年とは違い北回りで紅く色づいた奥多摩周遊道路をツーリングするコースを企画しました。

奥多摩湖の水面の眩しさと真っ赤に染まった木々の葉のコントラストを楽しみながらやって来たのは、本日のメインイベント、そうです。陶芸体験です。

 

早速、先生の教えを真剣に聞き入ります。

 

この陶芸体験、三回目の方も多くいらっしゃるので、
コーヒーカップではなく、お皿などを制作する方も。

 

皆さん、真剣です。

 

で、ここでの完成品です。

 

先生が、「皆さん、大変上手になりました。」と、おしゃったとおり、中々良い出来栄えです。

約一カ月後、色付けした作品が出来上がり、自画自賛するマイカップでコーヒーを味わうことを楽しみにしています。

陶芸体験が終わり、お腹も空き、さあ、これも楽しみの一つ、ランチです。

今回は施設内のレストランで作っていただいた特製弁当です。マネージャーの関がリクエストしたヤマメのフライも入っています。

 

グラデーションの紅葉の下で味わう弁当もまた格別です。

 

せっかくですから記念撮影を撮りましょう。

 

これまた恒例の月夜見Pでの集合写真。

 

本来なら横一列での撮影予定でしたが、他の車もあったことで三列になってしまいましたが、総勢29台のバイクが圧巻です。このツーリング、今回も平日ですが、皆さん、お仕事、大丈夫ですか?

 

ここから見下ろす奥多摩湖と山々はいつ見ても飽きません。

 

このツーリングも終わりに近づき、
休憩場所の足湯で癒されるプロデューサーの姿も紹介しておきます。

 

今回も幾分冷えたとは言え、この三回目の中で、一番の紅葉を楽しめたことと事故も無く終われたことはなりよりでした。

この陰には、休館日にもかかわらず陶芸教室を開いてくれた先生、弁当のリクエストに応えてくれたレストラン、先導役のボランティアを積極的に行っていただいたお客様、そして参加者の方々のマナーの良さとスケジュールへの時間管理のご協力があってこそのものだと感じています。本当に有難うございました。

また御一緒しましょう!

Comments

  • とても素晴らしいツーリングですね(^O^)

    陳 - 2012.11.26 pm3:54

ご投稿コメントは承認後に公開されます。

ページトップへ