BLOG

CATEGORIES

BACK NUMBER

千葉バイカジ

  • 2009.04.16
  • posted by GM
  • コメントはありません。



こんばんは。GMです。
清々しい天気に恵まれた先週でしたね。桜咲く時期に雨が一度も降らない年なんて、珍しいかも知れませんね。


そんなある日、欧州車のお客様が多い中、ハーレーのバイクで来店されたお客様がいらっしゃいました。

そのバイクの塗色が他では見ない珍しいものでしたので、質問をしましたら、何やら世界で200台限定のものだそうで、タンクには200/20とシリアルナンバーが付いていました。
めったに見ない塗色だと言われましたが、それはそうでしょう。世界で200台ですからね。

他にも自分でプロデュースしたカスタムパーツが付いていたり、まさにこだわりにマイバイクでした。
さらに驚いたことに、希望番号が取れないバイクのナンバが”**80”、つまり”**ハーレー”になっていて、こんな方ですから、神様がプレゼントしてくれたんでしょうね。

そんなこだわりを持つ方が、56designのフラワーTをインナーとして、アウターにBDシャツを着こなしておられました。嬉じゃありませんか、当店の商品を着てバイクで来店してくださるなんて。

それまでは感じなかったのですが、帰り際、写真をおねだりし、「またお越し下さい」「それじゃ、また!」と会話を交えながら心地よいサウンドとともに、BDシャツをなびかせて走り去る姿が何と”カッコイイ”ことか、まさに”クール”なんです。見送る店長と二人で見とれてしまいました。

これを見た時、バイクに乗る服装は”こうではなくてはいけない”なんて言う既成概念は完全に吹き飛ばされました。カルチャーショックに近いものがありましたね。

確かに裸で(意味がちがいますからね。念のため)乗るものですから、万が一に備えた安全面の準備は必要でしょうが、それはそれとして、このようなバイクファッション”有り”かも知れません。

色々なところで既成概念を打ち破れと言われながらも中々破れなく、新しい発見が出来ませんが、皆さん、ここで勇気を出して、殻を破り、自分達のバイクファッションを、それも千葉発として、”千葉バイカジ”を作ってみませんか。

Comments

No comments yet.

ページトップへ