56designらしいヘルメット

  • 2008.11.08
  • PRODUCTS
  • コメントはありません。

arai

中野真矢といえば、目玉ヘルメットを思い浮かべる方は少なくないと思います。
プロデビューしてから愛用し続けている目玉ヘルメットは、中野真矢のアイコンとなっています。そしてそのヘルメットはArai(アライヘルメット)製です。


日本を代表するAraiは、同時に世界を代表するヘルメットメーカーでもあります。海外での評価はとても高く、アメリカでは「モーターサイクル・ヘルメット顧客満足度」で10年連続1位を獲得しています(J.D. パワー・アンド・アソシエイツ)。
安全性はもちろんのこと、かぶり心地、静粛性、そしてデザイン性とすべての面で最高品質のヘルメットを生み出すAraiは、プレミアム感の高いヘルメットであり、海外では高級品として扱われるほどです。日本GPウィークには海外のレース関係者がアライヘルメットを購入する姿が見受けられるという話も聞かれます。

多くのプロフェッショナルライダーをサポートするAraiは、レプリカヘルメットのラインナップも充実しています。憧れるライダーのレプリカを使いたいという気持ちは誰もが持っていると思いますが、スクーターやクラシカルなバイクを使用する方々は、少し躊躇される場合もあるかもしれません。


arai

Arai×56design SZ-RAM3 NAKANOは、2008シーズンに中野真矢が使用したヘルメットのオープンフェイスバージョンです。

日の丸を連想する白と赤をベースにしたカラーリングにフラワーモチーフを合わせた特徴的なデザインは、MotoGP、WSBで活躍する多くのライダーやマシンのデザインを手がけるDrudi Parfomance。その特徴的なデザインはそのままに、オープンフェイス型で実現しました。56designだけのエクスクルーシブモデルです。

ベースとなるモデルは、国内安全基準のスネル規格はもちろんのこと、Arai独自の技術により、オープンフェイスながら高い安全性能を備えています。またベンチレーション、静粛性と視認性の高いシールド、質感が高くフィッティングに優れた内装など、「最高級」にふさわしいスペックです。


arai

オープンフェイスならではのカジュアル感やクラシカルなイメージは、レプリカヘルメットでありながらも乗るオートバイを選びません。

モーターサイクルとライフスタイルを近づける56designらしいヘルメットです。


Arai×56design SZ-RAM3 NAKANO
¥55,000(税込)

Comments

No comments yet.

ページトップへ