56design Producer
Shinya Nakano 中野真矢

世界最高峰のオートバイレース、世界グランプリ元MotoGPレーシングライダー。幼少の頃からレースを始め、付けていたバイクナンバー56は、自身が大ファンであるコミック、「バリバリ伝説」(講談社・しげの秀一氏作)の主人公、巨摩郡(こま ぐん)が使用していたナンバーに由来する。トレードマークであるヘルメットの目玉マークは、名門SP忠男レーシングチーム出身の証。世界のフィールドで11年間活躍し、そのスマートなライディングで世界中のモータースポーツファンに知られるようになった。各国を転戦しながら、色々な文化に刺激を受け、「このような経験の場を与えてくれたオートバイ業界に感謝すると共に、レースで培った経験をオートバイを愛する方々と共感したい」と地元千葉にモーターサイクル系ブランド「56design」を立ち上げる。
 また、2012年からは、世界を目指す若いライダーの育成をサポートする「56RACING」チームを発足し、地方選手権への参戦を開始。チームとしても「いつかは世界GP参戦」を夢見て活動中。


56design

元レーシングライダーの中野真矢が海外のモータサイクル文化に刺激を受け、自ら立ち上げたブランド。レーサーの経験を活かしたライディングウェアや、日常の生活からオートバイを感じられるモーターサイクルモチーフを取り入れたアパレル、小物を開発。life with motorcyclesをブランドコンセプトに、「オートバイのある生活」が日本でも文化として定着する事を目標に、56designはスタートした。


ページトップへ